葬儀の香典の表書き

葬儀の香典書き方マナー

葬儀に持参する香典の書き方

葬儀に参列する際、お通夜または告別式には必ず喪主の宗教に合った表書きの香典を持参します。お悔やみごとのしきたりやマナーは宗教により書き方が異なるので注意しなければなりません。訃報の知らせを受けたら宗教の確認をしましょう。仏教、キリスト教など先方の宗教がわからない場合、どんな宗教にも使える表書きは「御霊前」です。お通夜、告別式のどちらの葬儀でも使えます。下段には名前を表書きより少し小さく書きます。文字はバランスよく配置されるようにしましょう。また筆を使うのが正式ですが、筆ペンやペンでも黒インクを用います。筆ペンの場合は薄墨を使います。

香典の書き方について

香典は、故人に対する供養の気持ちを表すものでお通夜や葬儀の際に持参します。その表書きの書き方は故人の宗教によって違います。仏教の場合は、市販の不祝儀袋に薄墨で表書きを書きます。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表すためです。上部には御霊前、下には自分の名前を書きます。キリスト教は、御花料、御ミサ料と書き、下に名前を書きます。この場合も薄墨を使います。神教は、御玉串料で同じように下に名前を薄墨で書きます。中袋はどの宗教も共通で、お金の金額、住所、氏名を筆、もしくは筆ペン、ボールペンやペンで書いてもかまいません。中袋の文字は薄墨ではなく、はっきりとした黒で書きます。以上のマナーを守ってお通夜や葬儀で香典を出すのです。

↑PAGE TOP